スポーツ外傷、膝痛、腰痛、交通事故治療は、高尾駅南口のだいきち接骨院

公益社団法人 柔道整復師会会員

各種健康保険取扱、交通事故・労災治療認定

8割以上の方が、改善・リピートする接骨院

tel

( スマートフォンはタップで発信出来ます )

診療時間
10時〜13時
15時〜19時
19時〜22時××××
  • 八王子市東浅川町548-1 ≫map
  • 高尾駅南口徒歩4分 専用駐車場有
ホーム施術内容酸素カプセル
だいきち接骨院
外観
住所八王子市東浅川町548−1
電話
診療案内
受付時間
午前10:00〜12:30
午後15:00〜18:30
夜間19:00〜21:30
(月・水・木)
休診日不定休
休診情報はこちら
酸素カプセル

酸素カプセルとは、カプセル内の気圧を標準気圧(1気圧)以上に加圧して、通常の気圧より高気圧になると、酸素が血液中に溶け込むようになる現象を利用して、健康増進を目的としたものです。
(※)詳しくは酸素カプセルの作用をお読み下さい。

安心安全のハードタイプ 枕元のLED照明 空調システム(クーラー)完備

▶ 酸素カプセルの効果

▶ 疲労回復

肩の凝りや全身の疲労感などは、筋肉内に疲労物質である乳酸が溜まり感じてしまうものなのです。

筋肉が活動するために必要なエネルギーは、ブドウ糖を分解しピルビン酸という物質にし、ピルビン酸が酸素を利用しエネルギーを作り出しています。
そのピルビン酸が酸素を十分に利用できないと酸素負債が起き、乳酸が発生してしまうのです。
近年発生した乳酸は酸素を取り入れることでピルビン酸になり、エネルギー源になると考えられています。疲労と乳酸、酸素は密接に関連しているのです。

また、二日酔いにも大きな効果が得られます。
二日酔いの原因となるアセトアルデヒドは酸素供給により素早く分解されるので頭痛や吐気などを解消してくれます。

▶ アンチエイジング

「血液の循環が悪くなり、細胞に酸素が行き渡らなくなると、細胞の活動が少なくなって老化が起こる」という考え方があります。細胞に酸素というエネルギー生成のための材料が供給されなくなるため、細胞が縮小してしまい、加齢による肌の衰えなどの原因となるのです。

酸素カプセルの作用により生成される溶解型酸素は、毛細血管も通りやすいため、皮膚細胞まで酸素を十分に運び込むので、縮小してしまった細胞も活発になり、それに伴い新陳代謝も活発になるため、皮膚の再生サイクルが正しく整えられ、美肌効果が期待できます。

▶ ダイエット

有酸素運動がダイエットに効果があるのは、体内に酸素を取り込み、脂肪を燃焼させるからです。
しかし、運動をしても食事制限をしてもなかなか痩せられないという事をよく耳にします。これは、有酸素運動による酸素供給量よりも身体が欲している酸素量より少ないため減量効果までたどり着いていないことが考えられるのです。

その為、酸素カプセルを利用すると酸素を大量に取り込むことができるため、なかなか痩せることのできないといった方の酸素供給をサポートしてくれます。それにより基礎代謝が改善しダイエット効果が期待できるのです。

また、酸素を取り込むと脳で脂肪の量を調整するレプチンという物質の量が増えてきます。このレプチンの働きで余分な脂肪を体内に溜め込まないような体質に改善されます。

▶ ケガの回復

医療現場で使用される高気圧酸素療法があります。これは対象となる疾病に対して2気圧以上の気圧をかけて回復を促進するものです。

酸素カプセルは、もちろんそれとは異なるものですが、ケガの回復には同じような効果があるといわれています。というのも、筋肉や靭帯の損傷や骨折などで傷ついた細胞を再生するには、多くの酸素を必要とするからです。

ケガをした患部の細胞は、毛細血管が断裂していたり、細胞が圧迫されていたりして、酸素が行き渡りにくい状態になっています。酸素カプセルの作用により生成された溶解型酸素は圧迫されて細くなった細胞内にも届きやすいのでケガの回復に効果があるといわれているのです。

また、身体に均一な圧力を加えると身体が正しい位置に戻ろうとする整復作用があると言われています。正しい包帯法で怪我をした患部を圧迫すると痛みが軽減する事からもこのようなことが考えられています。酸素カプセルに入ると均一な圧力が身体中に加わる為このような効果も得られると考えることができます。

▶ 生活習慣病予防

現代社会には、人間の身体に有害な一酸化炭素などのガスが多く存在しています。ですので、呼吸によって普段の生活でも体内に取り込んでしまっているのです。
ヘモグロビンは、酸素よりも一酸化炭素との結びつきが強く(約200倍とされています)、そのため一酸化炭素中毒となってしまうのです。
中毒症状が出ていなくても、体内に取り込んでしまった一酸化炭素は、酸素輸送に重要なヘモグロビンを使ってしまっていることになるので、酸素不足に陥りやすい身体にしてしまい生活習慣病の引き金の一つになると考えられます。ですのでヘモグロビンを利用しない溶解型酸素が重要になるのです。
※糖尿病、高血圧症など持病をお持ちの方は、必ずお知らせください。必要に応じて、医師に相談をしてから酸素カプセルを利用するようにお願いする事がございます。

▶ 集中力アップ

脳の酸素消費量は、全身の消費量の20~25%とされています。

デスクワークや、勉強をする時などには、よりたくさんの酸素が必要です。十分な量の酸素が供給されないと、脳は酸素不足になってしまいます。それがひどくなると、頭痛が起きたり、脳貧血になったりします。そういう自覚がない場合も、集中力や思考力が低下していることが多いのです。

酸素カプセルに入ることで、脳への酸素供給も大量に行われることになります。酸素が十分に供給されると、脳は活発に働いて集中力や、記憶力が高まります。その効果を求め、リフレッシュを兼ねて酸素カプセルをご利用される受験生もいます。

▶ 冷え性改善

人間の体温は、血液を循環する事で保たれています。手や足の先が冷えているということは、血液が体の隅々まで届いていないということになります。これには、血液がドロドロであったり、血管そのものが細くなってしまっているなど様々な原因が考えられます。

酸素カプセルの作用により、分子の小さな溶解型酸素を摂り入れることができます。溶解型酸素は、毛細血管や細くなった血管も通過することができるので、酸素を体の隅々まで浸透させることができるのです。それにより、細胞にエネルギーを与え、代謝を向上させます。また、血液をサラサラにする効果もあるので、血行がスムーズになり、体温を体の隅々まで伝えることができるので、冷え性も改善するのです。

▶ 視力回復効果

眼球には毛細血管が集中しています。そのため、眼精疲労や視力を改善するためにはその毛細血管内に十分な酸素供給が必要になるのです。
しかし、毛細血管はとても細いため大きなヘモグロビンと結合している結合型酸素では十分に供給できないのです。ですので酸素カプセルによって生成される溶解型酸素が眼精疲労、視力回復に効果があるのです。

▶ 酸素カプセルの作用

結合型 通常の生活で身体に加わっている気圧(標準気圧)を1気圧とすると、その状態では呼吸によって取り込まれた酸素は、血液中に入るとヘモグロビンと結びついて身体の隅々まで運ばれます。
この酸素の状態を【結合型酸素】と呼ぶことにします。
図に示したようにヘモグロビンに結合した結合型酸素は、太い血管の中では運ばれますが、ヘモグロビンのサイズより細い毛細血管の中にまでは到達することは出来ませんので、酸素供給が不十分な細胞が出てくるのです。
これによって疲労、むくみ、冷性などの原因となるのです。
溶解型 酸素カプセルで身体の周りの気圧を高めていくと、酸素がヘモグロビンだけでなく血液中に溶け込む現象が起こります。(物理学の「気体の溶解度は圧力に比例する」とするヘンリーの法則による)
この血液中に溶け込んだ酸素の状態を【溶解型酸素】と呼ぶことにします。
溶解型酸素は結合型酸素(ヘモグロビン)よりサイズが小さい為、通常では通る事のできなかった毛細血管内まで行き渡り、細胞が酸素供給を十分にできるようになるのです。

Blogでも酸素カプセルについて綴っています。

▶ 料金

料金 備考
30分 1,000円
60分 1,800円 以降、30分延長毎1000円
回数券 60分×5回 7,500円 2セット同時購入で
13,000円
回数券 30分×5回 4,000円
学生料金 60分 1,300円 (30分700円)
inserted by FC2 system